--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/16.Thu

秋冬バージョンな食事

今日は涼しさを超えて寒いほどの天気でしたね・・。
一気に暖かいものが食べたくなりました。

天野先生のレシピから「あまいやさいとモチアワのスープ」。
20100915_2.jpg

20100915_1.jpg
モチアワがトロリとしてとっても濃厚!
カボチャ・人参・玉ねぎという甘い野菜達の力も借りてとっても美味しく(私好みに?)仕上がりました。
夜ごはんはその他、実習の余りの肉まん、切り干大根のサラダ、大根と厚揚げの炒り煮。


そしてウーウェンクッキングサロンでは「包子」を作りました。
20100915_3.jpg
むふふ♪思い出しただけでもシアワセな味!
包子とは中国語で肉まんのように包み込んで蒸した食べ物全般をいいます。
イーストを使うので蒸す前には想像もつかないほど大きくフワフワに、
食べたらお腹いっぱいの大満足なメニューでした。

今日の具は豚肉・野菜・黒糖。
肉マンを日本では「ブタマン」という方もいらっしゃいますが
中国では宗教が関わってくるので、絶対に言わないとのこと。
会食の際、日本でも招待する側は相手側の好みをお伺いしたりしますが、
中国ではそういった宗教的な絡みや民族の違いがあるので
表面的ではなく、招待する側は好みを聞く義務があり、
またされる側はそれをきちんと伝える義務があるそうです。
先生は「主張しなければわからないですもん」とおっしゃっていました。
さすがは多民族国家。中国人のパワーの秘密はこの辺りから来るのかな。
私も見習わなければ

おうちごはん | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。