--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/09/16.Mon

食事と伴にあるパン

DreamiaClubというサイトに私は登録させて頂いているのですが
講師のみが参加可能なイベントに先日参加させて頂きました。

今回はパン関連のイベントでしたが、
参加者の多くは恐らくパンやお菓子のお教室をされている方、
質問も捏ねあがりの温度や細かい作業について等、皆様とっても興味深々で。

20130913rob.jpg

「ジョエル・ロブション」製パン部門を統括する山口シェフの講座。
一つのフォカッチャ生地から野菜フォカッチャ、カレーパン、クロックマダムの
3種類を生み出します。

20130913rob5.jpg
お野菜の乗せ方にもポリシーがあります。

20130913rob4.jpg
バゲットから作るパン粉はガリっという食感。

カレーパンといっても、フィリングのカレーに季節によって入れるお野菜を変え、
野菜のフォカッチャも野菜をソースに絡めたりする下処理をかなり細かく丁寧に、
クロックマダムは一緒に挟むソースを濃厚に。さらに上に二種類のチーズを乗せて。

もうこうなるとパンを作っているというより、食事を作っているのと同じですね。

20130913rob3.jpg

試食させて頂きましが、驚くほど、本当に美味しかった。

ロブションのパンは、食事と一緒に食べるパンという事で
お料理と同じ現場で作っているそうです。
なので、お料理との相性を考えたり、
お料理とのコラボが出来るパンという作り方をするそう。

本来パンも食事と伴にあるものなんだなあ、と改めて感じました。
そしてその考え方や作り方の丁寧さに、「料理は文化」という言葉をふと思いだしたり。

20130913rob2.jpg

「パン作りに限らず何でもそうですが、
次の動作を考えて今の動作をどうするかを考える事ってとても大事ですね。」
という山口シェフの一言。
忙しい現場で無駄なく動く事を考え抜いたシェフからのアドバイスですが
考えてみると生活をスマートにするコツってこれに尽きるかもしれません。
今の私にとって、とても有難い言葉でした。
(次元は違いますが、夜家で布団を敷くときに何故か思い出しました^^;)


パンひとつで、
作り方だけでなく、パンと一緒に頂く食事や飲み物、
そして文化や哲学まで、色んな事を伝えられるんだ・・と、
最近なかなか家にいては無い、静かな感動の渦?に浸って帰宅しました。




・・・・・・・・・・・・・
今回のこのイベントは富沢商店様とのコラボ企画でした。
帰りに今回のパンで使用した強力粉(モナミ)とドライイースト、
そして渋谷のヒカリエ限定販売のロブションのパンも!頂きました♪
ありがとうございます!!

今後、参加した私たちは富沢商店にレシピをご提案する事になっています。
お寿司では富沢商店の素材はなかなか使わないけれど・・
スイーツでもいいかな~海藻かな?豆類?何にしよう♪
楽しみです!







↓参加しております♪
 ポチっと押していただけると幸いです。いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
おうちごはん | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。