--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/05.Thu

リマ師範科(特別講座・松本先生) 

今日から明日まで、震災で中止になった分のリマの師範科講座を受けています。
二日間連続、終日のスケジュールなのでかなーりキツいですが
本日は大ファンの松本先生の講義。ごちそうを食べるつもりで?参加出来ました^^
lima_5_5_2011.jpg
Lima2_5_5_2011.jpg
①講座目(上)と②講座目(下)のお料理

相変わらず日本料理を基調とされた献立で彩もすばらしく、そして何より美味しいです。
今日は2講座とも松本先生でしたが、どちらも大和芋を使ったメニューが多くこんな感じでした。
・大豆たんぱくに大和芋を絡めた揚物
・かぼちゃの中に大和芋を包んで蒸した風車蒸し
・海苔に大和芋を包んで揚げたもの
・下味を付けた車麩の上に大和芋をのせてのオーブン焼き

大和芋一つでこんなにバリエーションがあるなんて。。
その他、季節的に山菜なのでふきのとうも天麩羅と味噌で登場しました。

そして今回私が関わったお料理の中で一番大変だったのがこちら。
よもぎ
一見、ただのおすましなんですが・・。ヨモギ白玉が入っています。
松本先生が摘んできて下さったものを下茹でしてみじん切り、そして擂鉢でするんですが、
ヨモギには鉄分が多く含まれています。
これが包丁の鉄とぶつかって・・切れません!!更に擂鉢で擦れない・・・・。
ヨモギの生を調理したのは初めてですが、食べるまでにものすごい労力を要します。
ホンモノを食べようとするとやはり手間暇がかかるんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講義中に、これから世界がどうなっていくか?という興味深いお話もありました。
少々厳しい話で、2講座目は暫く考え込んでしまった私でした。
マクロビオティック | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。