--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/12/24.Sat

柿COBO雑炊&ベジ棒餃子

クリスマスイブなのに・・雑炊。。地味。

柿Cobo雑炊20111224 棒餃子20111224

10月18日に仕込んだ柿COBOを使いました。
かなりの熟成度(2か月ですから当たり前ですが)。
何にしようかと思ったのですが、冷ご飯も沢山あったし、雑炊という事で。

COBOをザルで濾し、昆布しいたけ出汁を合わせた中にご飯を入れ、
さつま芋も入れてクツクツ。ミブナを最後に入れて少し煮たら出来あがり。
最後に塩で調整したものの、魚の出汁が入っているような
ちょっと複雑な味に仕上がりました。
Coboって本当に魅力的です!

棒餃子はパリッパリに仕上がって、今回はとっても美味しかったです。
キャベツ・長ネギをみじん切りにし、厚揚げ1枚と一緒によく揉みます。
しょうがのみじん切りと塩、コショウで味付けをして包むのですが
普通の形とは違って棒餃子はカンタン!

ベジ餃子のレシピは過去にも色々と作ってみたのですが
最近は青物+厚揚げというパターンに落ち着きつつあります。

それにしてもクリスマスイブなのですが、色々と事情もあり、、
ちょっと寂しかったかしら^^;?



↓参加始めました。
 ポチっと押していただけると幸いです。
 いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
COBO | Comments(0) | Trackback(0)
2011/09/29.Thu

ぶどうCOBO(お料理)

先日仕込んだぶどうCOBO
冷蔵庫から出して3日目の昨日の朝、フタを開けるとシュワーっ!!と吹き出すレベルに。
COBO20110915.jpg →COBO20110927.jpg
最初はこんな感じでした(15日)・・・・・・・・・・・・・・・・>そして今日の状態


ウエダ家さんでも言われていたことなのですが、
うちの冷蔵庫には何か他の菌が住んでいて、いつも進行が早いのです。
自家製の味噌も冷蔵庫に入れたし、ますます菌環境は複雑になるばかり。。

とりあえず今回はお料理に使おうと決めていたので、先ずは基本のスープを。
cobosoup20110928.jpg cobosoup220110928.jpg
キャベツ半分を使ったスープ。

野菜は玉ねぎとキャベツのみ、玉ねぎを炒めてキャベツと昆布しいたけ出汁を入れます。
弱火にしてある程度煮てからCOBOと塩を入れてまた暫くなじませ、最後にバジルを少しだけ。

シンプルな中にいつものお出汁とは違ううまみが確かにあります~♪
王子もキャベツ1/8のかたまりを完食しました。


COBO | Comments(0) | Trackback(0)
2011/09/15.Thu

ぶどうCOBO(ネオマスカット)

宅配で低農薬のネオマスカットが届いたので、久しぶりにCOBOにしました。

COBO20110915.jpg

実は、、
去年仕込んだぶどう・柿・たまねぎCOBOが先ほどまでまだ健在でした!
常温に置いたままなのに腐ってなくて驚き。
でもお腹に入れる勇気はなくて・・今日思い切って捨てました^^;

COBOは冷蔵庫でほっておけばいいので手間はかからず、時間の無い今の私にはよさげ。。
改めて学んだメモを読み返すと、やはり深いです。。(結構忘れてました

COBOは実際にやればやるほど発酵や酵母の感覚がつかめるようになるし、
また酵母との生活を少しずつ始めようかと思います♪
COBO | Comments(0) | Trackback(0)
2010/10/27.Wed

COBOな一日

ウエダ家さんのCOBOに参加してきました。
楽しみにしていた花巻を作る日!
ウエダ家さんが仕込んだこの「ぶどうCOBO」を使って作ったのが、この花巻です!
ぶどうCOBO   hanamaki.jpg
*フワッフワッで、しかも甘味がすごく感じられます。COBOと塩と粉だけとは思えない。。巻いたのはぶどうCOBOジャム、
りんごCOBOと玉ねぎのチャツネです。(家に持って帰ってチャツネを食べた母が「お肉?」と言っていました。)
でもプレーンだけでも満足♪

次回の最終回は持ち寄りParty風になる予定。
私は何を作ろうかな、、悩む。。

そして夜ごはんの時にもぶどうCOBOを使ってみました。
使用したのはLev.3位のぶどうCOBOをザルで濾した液です。
じゃがいも
*ジャガイモのぶどうCOBO煮。どうしてもジャガイモが合う気がしたんですが、正解!油で軽く炒めた後に水を微量入れて蒸し煮をし、ジャガイモがある程度煮えたら、出し殻昆布とシイタケを入れてひと混ぜ、そこにぶどうCOBOと昆布シイタケ出汁を注ぎ、弱火で5分ほど。こんなにコクがでるなんて。肉じゃが風なジャガイモになりました。

COBOを使ったお料理は、美味しくコクが出たり複雑な味になるのはもちろん、
体がどこかスッキリするのを感じられるので、どういった影響があるのか今後が楽しみ♪


*お知らせ*
大阪でマクロビオティックの勉強会を主宰しているKIJのクラスメートが、
12月に大阪でKIJの虻川先生を招いて講演会を開催することとなりました。
虻川先生は九星氣学や望診にも詳しく、とても軽快なお喋りで
楽しくマクロビオティックを語って下さいますので、
マクロビオティックに興味がある方から既に実践中の方まで楽しく参加できると思います。
お近くの方は是非ご参加下さいね!!
申込方法や勉強会の詳細はこちらをご確認下さいませ→「チムグクルの会


COBO | Comments(2) | Trackback(0)
2010/10/12.Tue

COBO2(2回目)

COBO2講座の2回目に参加してきました。

今回は自分で仕込んだ「ぶどうCOBO」をそれぞれ持参してのテイスティング。
ブドウの種類・産地、また家で仕込んだ時の状況など
それぞれ皆さん違う環境の中で作っているので、出来るCOBOの味もバラバラです!
ぶどうの甘さだけのCOBO、すでにかなり進んでアルコール臭の強いもの、
またどう考えてもコメ飴の味にしか思えないCOBOもありました(笑)

そして今日のお料理・・
COBO2
*昆布COBOごはん、ぶどうCOBOスイートソース、金時豆のCOBOスープ、ごぼうのぶどうCOBO煮。
スイートソースはお砂糖を入れていないのに煮詰めただけでJAMの甘さがあります。使える~♪


COBOを使ったお料理はコクがあってとても美味しいのですが、
それ以外にも食べるといつもすぐ腸がグルグルいいます。
ものすごい働きかけがある様子が体感出来て面白いです!

ぶどうがまだ残っているこの時期、ぜひ一度仕込んでみる事をオススメします^^
COBO | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。